ジャスネット ジャパンエアシステムネットワーク
製品情報バージョンアップ情報導入実績資料印刷ページ導入セミナーお問い合わせホーム
新規航空事業

整備人員の検証

国土交通省の航空事業認可においては、整備人員の適切配置が検証されます。
整備人員計画は 「@整備タスクにそった定例整備 A機材故障の非定例整備 B機材改修等の随時整備 Cその他」 に分類されますが、 ここでは「@整備タスクにそった定例整備」 について取り扱います。

整備工数
膨大な算出量
整備タスクの実施時期分布を得るには、次の状況が存在します。人間系で算出するには、量が膨大で算出の精度を含めると大きな困難を伴います。
@大量の整備タスク件数: 1,000〜2,000(機種による)
A整備タスク実施の飛行時間あるいはサイクル: 事業計画案にそって変動(一般に複数パターン)
B運航機材数: その機数分を算出
C中古機材の場合: 過去の実施履歴をもとにした算出と中長期の大きな山の分布検証
整備情報システムによる算出
整備情報システムを利用すると、事業計画にそった整備工数分布(時系列の山積み)をサクサクと何パターンでも算出可能となります。精度はタスク工数設定と事業計画の予測飛行時間に依存するため、人間が持つ本来パワーを計画作業に集中することができます。
※ジャスネットが知る限りでは、このシミュレーション機能は整備情報システムのみが持つユニーク機能の一つです。 整備系では、次の3点が主要審査項目となります。書類面主体の審査です。

整備情報システムによる算出



参加企業 | 事務局 | 会社案内

Copyright© 2011 Jass-net.com.All reserved