ジャスネット ジャパンエアシステムネットワーク
製品情報バージョンアップ情報導入実績資料印刷ページ導入セミナーお問い合わせホーム
新規航空事業

整備業務マニュアル
従来の形
従来の形
付属書が整備業務マニュルの形
付属書が整備業務マニュルの形
■背景
・業務効率は、結局のところシステムに依存するとことが大きい。
・ならば、当初からシステム一体の業務マニュアルが理想となる。
・業務効率無くして、スリム体質の事業成功はあり得ない。

■本来効果
・システム一体の整備業務マニュアルによる管理業務完成度の向上
・完成度向上による事業認可や施設検査への寄与効果
・運航基地構成対応の業務フロー検証とシステム一致調整

■付帯効果
・業務品質が向上
・業務効率の向上による少数精鋭の業務管理を実現

■経済効果換算
上記効果を費用換算すると、人数と業務品質面で事業規模相応の経済効果が期待される
→ 年1億円以上 etc

多くの失敗教訓
新航空事業立上における失敗原因の多くは、この部分に潜んでいます。
・頭数だけ揃えてもまとまらず、事業認可か延び延びとなり結局途中で断念の状況に至る。
・事業認可は得られたとしても、人件費を始めとする高コストが抜け切れず事業終了に至るか民事再生へ向かう。
事業認可と施設検査の共通対策
1.業務マニュアルそのものが、事業認可要件としての主要の役割を果たします。
2.業務マニュアルにそったシステム運用のPDCAを事前に回すことで、施設検査の予習となります。
※この予習を各運行基地が主体的に行うことで、検査目的に限定されず本来業務へも繋がります。



参加企業 | 事務局 | 会社案内

Copyright© 2011 Jass-net.com.All reserved