ジャスネット ジャパンエアシステムネットワーク
製品情報バージョンアップ情報導入実績資料印刷ページ導入セミナーお問い合わせホーム
新規航空事業

整備人員の検証
中古機材導入時は、中・長期の整備タスクの山を明確に把握しておくことが必須課題となります。
人員は勿論ですが、委託整備費の検証も重要課題です。

過去の重大失敗事例
この要因が関係し、運航開始間もない時期での航空事業頓挫事例がありました。
航空会社の発表によると、運航終了理由のトップに 「経年機材の整備費」 とありました。
中古機材は、事業計画に合わせてタイムリーに導入できる利点があります。
反面、近未来の整備タスク分布と整備費の予備分析を怠ると大きな落とし穴が待っていることになります。
失敗事例は、整備責任者が入社前にこの機材が導入済みという最悪パターンでした。
なお、この事例時点では整備分布シミュレーションのツールは未完成でした。

失敗しないために
中古機材の選定過程で、自社飛行時間計画にそった中・長期整備タスクの山と整備費のシミュレーション検証が必須といえます。 整備情報システム Version 5.0 は、未来12年間対応の中長期整備タスクと整備費の山積みシミュレーション機能を備えています。
■決め手は整備タスクの山積みシミュレーション
整備情報システム Version 5.0 は、未来12年間対応の中長期整備タスクと整備費の山積みシミュレーション機能を備えています。



参加企業 | 事務局 | 会社案内

Copyright© 2011 Jass-net.com.All reserved