ジャスネット ジャパンエアシステムネットワーク
製品情報バージョンアップ情報導入実績資料印刷ページ導入セミナーお問い合わせホーム
整備情報システム




老朽化等の既存システム更新支援

システム更新に際しては、次のような骨子によるものといたします。ツールとしての部分導入もご支援いたします。
1. システム更新に伴うデータ移行の保証
2. システム閉塞、データ二重管理の解消
3. 機材、設備、部品の購入、売却に伴うデータのタイムリーな活用あるいは生成
国内新登場の整備分布シミュレーション統合業務ツール
整備分布シミュレーション統合業務ツールは、整備品質の維持向上と整備コスト低減の両目的にそった整備最適化実現を目的とする国内新登場ツールです。
データベース資産を眠らせたままにしない
整備分布シミュレーションは、整備実績データベース資産を活かす仕組みの1つです。過去並びに新しく蓄えられる整備実績データベース資産を整備最適化面で眠らせたままにしません。
整備委託先管理と選定
規制緩和のもとで重整備の海外委託が趨勢となっている今日においては、最適な認定整備場と委託整備要目の選定が日常業務となっていいます。こういった選定管理における最適化を、整備分布シミュレーション機能のもとで実現いたします。
年度予算の高精度化
整備分布シミュレーションは、機体別集計に基づく高精度の年度整備予算並びに中長期整備予算のタイムリーな管理にダイレクトに寄与します。オプションのコスト・シミュレーション付帯ツールを加えると、事業計画にそった空港使用料や燃油費を含む年度コスト算出をタイムリーに行えます。
実践面でのまとめ
具体的な実践面では次の10項目に要約できます。大部分の項目が対官説明場面にも関係します。
1. 自社整備 、国内委託、海外委託の最適配分管理: 年度・中長期整備予算の最適化実現による
2. 整備計画の精度アップとダブル監視: 計画精度とダブル監視により突発的な定期整備を無くする
  → 突発的な定期整備とは定例整備要目の計画漏れをなくすこと (国内緊急委託・自社深夜等整備を含めて)
3. 計画精度の決め手は予測飛行時間: 計画運行ダイヤ直結の最高精度を実現 (直近計画〜年度計画)
4. つど業務場面に即した多様な整備分布メッシュ: 3メッシュ対応/@Daily AWeekly BMonthly
5. 機材退役を含めた確度の高い長期機材計画支援: Max 12年の変動整備費算出
6. 重整備要目の下位整備段階へ配分の適切管理(軽整備分割): タスクグループ方式による効率管理を実現
7. 整備仕様書をベースとする委託先とのコミュニケーション向上:
  タスクグループ整備仕様書による適切な工程管理指導とコスト低減策の同時実現
8. 経営資源としての整備費実績データベースに基づく最適委託先選定:
  委託先別整備費シミュレーションがコスト最適化の決め手
9. 年度整備運航コストシミュレーション:
   ※オプション対応の付加機能: 計画運行ダイヤおよび予測データによる整備費、空港使用料、燃油費を含む年度決算シミュレーション
10. カスタマイズ対応: 各社各様の整備体制にそった業務フィット実現のためのカスタマイズ対応



参加企業 | 事務局 | 会社案内

Copyright© 2011 Jass-net.com.All reserved