Jass-net ジャパン エアシステム ネットワーク
更新日
2009/09/05 (R1)
整備コスト対策 検証事例
 

旧態システム等の機能不足が絡んで、日常の運航事象や局指導等に対して過剰な対応を余儀なくされ、結果として年間数千万円あるいはそれ以上の恒常的な整備コスト過剰状態が見過ごされているケースが無いといい切れるでしょうか。
ここでは、具体的な事例を挙げ整備情報システムWによる効果的な対策を含めてご紹介いたします。
1つでも該当があれば、対策効果は年度決算に直ちに反映される筈です。
コスト以前の、適正管理体制の検証でもあります。新規航空事業の立上げ、新航空路線展開、路線見直し等のお役に立ちます。この資料では弊害や隠れた増員要素を含めてコスト要因と捉えています。
なお、機能紹介においては本サイト内の他のページ説明と一部重複しています。


安全性を保つための当局の緻密な指導は国外でもよく知られているところですが、本ページではサーキュラーに基づく代表的な指導事例をもとに、コスト効果を含めて最も効果的と考えられる対策を紹介しています。

 生産管理・定例整備

航空法にそった適切な定例整備が実施されること(重要項目)。

 システム管理の限界
整備要目の実施漏れがあると、社名公開で新聞テレビ等で報道され大きなダメージを蒙る。
分っていても、結局のところは生産管理担当者レベルで注意するしかない。

 監視体制の確立

整備情報システムWは、下記のトリプル監視体制を可能としています。

監視@ 生産管理担当者による Remain Monitoring : W/O選定
所定の期限を割った整備Task の W/O選定漏れがあると、赤マークと共に注意メッセージが表示される。このため、よほどの不注意がない限り見落とす可能性はないといえます。第一の砦です。
監視A 管理者月例処理
監視@とは別機能の、定例整備分布シミュレーション機能により直近の整備Task 一覧を出力できます。担当者がW/O選定を行い管理者承認を得るワークフローにおいて、管理者による消込みチェックを目的としています。第二の砦です。
監視B 管理者Weelly/Daily
部門管理者向けに用意された監視画面を開いた時点で、所定の整備Task が存在すると警告メッセージが自動表示されます。この警告メッセージは、運用設定上の Weekly あるいはDaily Monitor 設定期限を経過した場合に表示されます。第三の、最後の砦です。

砦の構成
第一の砦だけでもハイレベル監視といえますが、@+A/@+B/@+A+Bのような、会社方針にそった、別立て機能下でのダブルあるいはトリプル監視体制を可能としています。
 
 生産管理・直接整備要員

サーキュラー 2-001 3-1-3-(b) <適切な人員配置>
新規事業立ち上げはもとより新規路線展開においては、適切な人員配置が必須要件としてチェックされる。
※適切な人員配置は、定例非定例の作業量の把握が基本となる。整備要目対応の定例整備については、事業計画の飛行時間によるので適確な時系列による量的把握が基本となる。

 人間系による保有M/H算出の困難性

非定例計作業は、予測される故障発生数等から比較的容易に算出できる。しかし、整備要目対応の定例整備についての時系列によるM/H算出は容易ではない。飛行時間に直結する事業計画は、拡張にしろ縮小にしろ、複数パターンが検討されるのが一般的であり、人間系での精密な算出は困難性がある。このため、結局は精度に欠けるマクロなものとならざるを得ない。マクロで済む場合は別として、真に精度を要求されるケースには対応できず、結果的には余剰な人員配置や経験則等に頼ったその場しのぎの対応にならざるを得ない。

 整備分布シミュレーション

整備情報システムWは、定例整備分布シミュレーション機能を有しています。事業計画/予測飛行時間にそった定例整備時期と所要M/H を短時間でシミュレートできます。機材数が多くなるほど威力を発揮します。これによって、数値データ根拠に基づく作業量の把握と適切な人員配置計画を可能とします。

 
 生産管理・委託整備費
委託先との十分な技術的コミュニケーションのもとでの委託管理を行うこと。

 整備品質確保とコスト管理強化を両立させたい

規制緩和後の重整備の海外委託趨勢下において、機動的な委託先選定を含めたコスト管理にも作用させたい。

 委託先選定・整備コストシミュレーション

整備情報システムWは、M/H Rate や整備実績データに基づく、委託先選定・整備コストシミュレーション機能を有しています。これにより、データ蓄積方針と所定のポリシーにそった長期的な視野に立った整備コスト管理を可能としています。

 

 

 

 故障情報管理
サーキュラーにそった、重要故障報告が適切に行われること。
 管理システム連係

システム上で区分されたデータ情報の蓄積が機材品質維持向上の観点で有用なことは分るが、現実的にはシステム機能が追いつかず人間系スキルに依存する部分が依然として大きく残る。

 重要故障のカテゴリ管理とキー情報の蓄積

最重要の人間スキルを補完する目的で、整備情報システムWは下記の機能構成により総合的に支援しております。機材整備品質直結の整備力向上の一環となります。@〜Dは検索等のキー情報です。
@重要故障の、事業者カテゴリ設定管理(計8パターン)。
ACorrection 区分情報(10区分以上)
B適用マニュアル情報の記録
C使用した計測機材情報の記録
DRemove/Install 部品情報の連係管理/Shop Finding 情報連係を含む
ESQ Caed の基地間PDF参照、Word・Excel ファイルの連係管理/部位写真情報等

 部品管理

各整備基地/Location において、部品在庫数量が適切に管理されること。

 効率的な基地別管理

基地別の Ooder Point (O/P) と Warning Point (W/P) を基準に、在庫数量を適切に管理できる。

 基地別在庫管理

整備情報システムWは、基地別の 「@基準数量 AO/P BW/P C互換品を含む在庫数量」 管理に対応しています。具体的な日常利用機能は次の3点です。

監視@ 総合検索照会
日常の総合検索照会機能です。O/P割れ検索、W/P割れ検索、Under Repair明細、Under P/O明細、Under Loan明細、年間UR・消費明細、基地別ステータス等を総合検索照会できます。

監視A 期間消費数量の検索照会
円滑な P/O 業務支援の一環として、指定された期間対応の部品の消費状況をリスト出力します。

監視B  O/P 、W/P 割れの自動監視
部門管理者向けに用意された監視画面を開いた時点で、O/P や W/P 割れがあると、運用設定にしたがった警告メッセージが自動表示されます。

 
 技術管理

恒常的残業による業務処理実態に鑑み、また技術スタッフ各人の力量蓄積を補償すべく十分な人員増加を行うこと。

 耐空検査等に伴う恒常的作業

TCD周りのドキュメントの紐付け関連整理と実施状況の整理フォローのために、年次定例の安全性確認検査や耐空検査等において恒常的に技術スタッフM/Hが割かれる状況がある。このような背景から、大手航空の整備システムにおいてもこの機能対応には苦慮している。

 TCD等ドキュンメント総括表

整備情報システムWは、「@ドキュメントの紐付け関連整理 ATCD等実施状況」 から成るTCD等総括表を、日々の技術業務や生産管理実績や計画へ連係してダイレクトに出力できます。技術指令や整備要目未満のTechnical Document レベルの Engineering Action を含めて総合対応しています。この機能性のもとで、適確且つ効率的な技術管理体制を支援します。

 
 計測器材管理

整備要目の点検整備に使用される計測器材は、適正に較正管理されてものであることをトレース証明できる。

 適切な計測器材管理の困難性

適切な計測器材管理は、計測器材の使用機会と整備要目実施機会情報の並行把握が基本になるが、一般にシステム支援機能が不足のため、機材数の増加につれて管理面の負担が大きくなる。この背景から、余分な計測器材の保有を余儀なくされたり、緊急借用が増えたりする。

 定例同期による計測器材使用時期の並行シミュレーション

整備情報システムWは、「@整備要目の整備日 A計測器材の使用機会 」 の同期による並行シミュレーション機能を有しています。シミュレーション情報のメッシュは、直近の36 Day、中長期の 36 Week/36 Month に対応しています。また、官検等に有用な計測器材使用トレース情報も出力できます。

 耐空検査

耐空検査においては、必要十分な資料を整えること。

 定例業務につきパターン化して対応したい。

Ship No 対応の所定帳票出力は、だれでも簡単且つ同一基準で出力したい。

 耐空検査向けの専用機能
整備情報システムWは耐空検査専用機能を用意し、だれでも簡単且つ同一基準で対応帳票の出力を行えます。
 
 予算管理
事業展開は、適切な予算計画のもとで遂行されること。

 年次予算管理

新規事業の立上げ、新機種導入、路線拡張展開あるいは縮小場面では、多様な事業計画にそった予算策定に苦労する。

 予算管理機能への対応

整備情報システムWは、年度や中長期の整備予算算出支援機能を有します。飛行時間事業計画並びに定例整備情報をもとに、整備実績が無い場合でも精細に対応できます。